人参ジュースはシミがないきめ細かな美白・美肌作り、ガン予防など健康向上、便秘解消、デトックス、そしてダイエットなどに効果・効能があります♪できればオーガニック食材で作って下さい                   

ジューサーの選び方

ジューサーの選び方

様々な野菜

低速回転式ジューサーが鍵

人参ジュース作りに不可欠なのはジューサーですが重要なのはカッターなどがついた「高速回転式」のジューサーではなく、絞り込むようにしてジュースを作る「低速回転式ジューサー」(スロージューサー)を使うのが鍵なのです!

石臼でぎゅっとつぶして作るので

石臼式低速ジューサー

とも呼びます。

高速回転式ジューサーは、1分間に約1~2万回転という高速でカッター刃を回転させて食材を削り出し、遠心力で搾りカスを分離させていくのですが、高速式だと、回転する際に発生する摩擦熱によって熱に弱い栄養素や酵素が壊されてしまうほか、遠心力でかすを吹き飛ばす際に空気に触れてしまうので酸化しやすくなるのです。更に高速式で作ったジュースは低速式のものよりも薄くて、時間が経つと上下に分離してしまいます。

一方で低速の場合は、1分間に40〜80回転という低速で石臼をまわすように回転しながら果物や野菜を削らずにぎゅうっとつぶしながら搾っていくので摩擦熱も発生せず、酵素は破壊されません。つぶしながらしぼるので空気にも触れず酸化しにくく、野菜や果物の栄養素をできるだけ壊さず摂取できるのが魅力です。つまり生きたままの酵素が摂取できるというわけです。ジュースの色も高速で作ったものよりも濃くて時間がたっても分離しにくく、なおかつ味も格段に美味しいです!

ですので、ジューサーをまだお持ちでない場合は、断然「低速回転式ジューサー」をお勧めします♪

お勧めの低速回転式のジューサーのランキング

☆第1位:クビンズサイレントジューサー

クビンズサイレントジューサー

NEWクビンスのスロージューサー

ポイント① 
とにかく使いやすくてお手入れが楽♪ジュースの排出キャップを閉じ、水を上から注いでジューサーを起動することで1分で簡単な洗浄できます。仕組みも簡単なので、簡単洗浄した後にぱぱっと取り外して洗うだけなので、重宝していました。お手入れが簡単と言うのはとても重要です!

ポイント② 
1台3役!ジューサー以外にスムージーとフローズンデザートの調理機能がついてます。これは大きな魅力です。

ポイント③ 
音が静か♪隣で赤ちゃんが寝ていても気にせず使える程静かです。

ポイント④ 
石臼式のスクリューでゆっくり回転しながら圧搾します。栄養素をたっぷり絞り出せます。

ポイント⑤ 
世界各国で60万台突破。2010/2011のスイス・ジュネーブで開催された国際発明展示会で金賞を受賞。

2015年版クビンスのスロージューサー

製品仕様:
カラー レッド、ホワイト、シルバー
本体サイズ (幅)244mm ×(奥行)191mm ×(高さ)413mm
総重量 6.5kg
価格 35800円程。

↓クビンズ・サイレントジューサー↓

☆第2位:ヒューロムスロージューサー H2H

ヒューロムH2H

ポイント①
お手入れが楽!ジュースの排出キャップを閉じ、水を上から注いでジューサーを起動することでラクラク洗浄できます。

ポイント②
従来モデルの第一世代(シングル・スクリュー)は片手で搾るイメージでしたが、このモデルは 第二世代のダブル・スクリューになり両手で搾るようにしっかり搾れるため、搾 汁量が多くなりました!

ポイント③
ヒューロムだけの特徴の調節レバー機能搭載♪圧力を調節し、食材の種や皮にある栄養までしっかりと搾ることができるすぐれものです。

ポイント④
トロピカルジュースが作れます♪柔らかい食材に適したス ムージーストレーナーもあるので、バナナやマンゴーなどを使ったスムージージュースを作るのにももってこいです。

ポイント⑤
耐用年数が長く、作動音が静かで安心して使えます、

製品仕様:
カラー ホワイト、フェラーリレッド
本体サイズ 幅167 X 奥行240 X 高さ398mm
総重量 6.2kg
価格 税込 33,800 円程。

↓ヒューロムスロージューサー H2H↓

☆第3位・SHARP ヘルシオジュースプレッソ スロージューサー

SHARP ヘルシオジュースプレッソ 

ポイント①
業界で最もゆっくり低速ジューサー!
1分あたりの回転数が32回とスロージューサーの中で最も低速になっています。そのためとっても静かです。従来機種EJ-CP10Aと比較すると運転音が約11%ダウンしました。

ポイント②
コンパクトでスリムなスタイル!
日本のコンパクトな台所サイズに対応したスリムなデザインです。

ポイント③
いままで絞れなかった食材も、絞れる!
しょうがなどのせんいが多く固い食材、また、コーンや大豆の水煮など小さな粒状の食材なども絞ることができます。

ポイント④
パーツの数が少なく、お手入れがカンタン!
フィルターとスクリュー部分が一体化されているので、使用後、洗浄が必要な部品は「フタ」「スクリュー」「タンク」のたったの3つのみ。楽チンです♪食洗機にも対応しています。

製品仕様:
カラー レッド、ホワイト、
本体サイズ 15.0×19.4×43.5cm
総重量 4.8kg
価格 20,925円程。

↓ヘルシオジュースプレッソスロージューサー↓

☆第4位:イキイキ酵素くん OD-312

イキイキ酵素くん

ポイント①
青汁を搾るのが得意!
縦型ジューサーと比べ、横型ジューサは構造上、繊維質の多い葉物類やパイナップルなどのフルーツを絞るのに特に優れています。スピードはやや遅めですが、少量からしっかりと絞れるので、少しだけジュースを作りたい時などに便利です。

ポイント②
リーズナブルな価格が人気!
スロージューサーは殆どの機種が3万円台以上という価格の中、2万円台とリーズナブルな価格設定が魅力です。

ポイント③
旧型よりパワーアップ!
新型の「OD-312」は投入筒を太く改良したため、よりスムーズに野菜や果物が搾れ、時間短縮が可能に。またジュースストレーナーも改良され、さらに搾汁率がアップしました。

ポイント④
軽くて持ち運びが楽!
低速ジューサーの中で4.5Kgと最も軽量(例えばヒューロムは6.2Kg、ベジフルは6.2Kg)。さらに取っ手が付いているので片手で簡単に持ち運びしやすいのが嬉しいところです。

低速ジューサーのブーム火付け役となったのがこのイキイキ酵素くん。健康オタクで知られるSMAPの草なぎ君があまりにも気に入ったのでメンバー全員にプレゼントしたジューサーとしても有名です。

製品仕様:
カラー ワインレッド、アイボリー
本体サイズ (幅)360 ×(奥行)180 ×(高さ)330
総重量4.5kg
価格 29800円程。

↓イキイキ酵素くん OD-312↓

番外編・アメリカで使えるお勧めのスロージューサー

アメリカでもスロージューサーが色々売っていますが、Omegaのスロージューサー400が一番お勧めです。

ジュースを絞った後、ジューサーのスイッチを入れた状態で水を上から入れると簡単洗浄ができ、その後ぱぱっと分解してすぐに洗えば大抵は簡単にキレイになります。

以下のアマゾンからだと15年間の保証付きなおかつ送料無料の上、割引価格で購入出来ます。ジュースが出るキャップ部分をしめて水を入れて動かすだけで自動洗浄ができるタイプです。

あと、1つ古いタイプの同じくOmegaのジューサーVRT350シリーズもお勧めです。ジュースの口にキャップはまだついてないタイプですが、お値段が何と言ってもリーズナブルです。アマゾンだと定価$430.00のところが割引価格で購入出来ます。こちらは国際配達も行っています♪

クビンズのジューサーもあります。以下はキャップはついていないタイプのKuvings NS-950ですが、10年の保証付きで定価$399.00ですが、こちらもアマゾンだと割引価格で購入出来ます。国際配達も行っています。

みんなはどのジューサーを買ってるの?

↓リアルタイム♪楽天の売れ筋ジューサーランキングはこちら↓

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional